40代のための基礎化粧品を使ってナチュラル美人になろう

肌に合う物を選択できる

美容液

私達は様々な栄養素を摂取する事により生活をしていますが、美容の分野で特に注目されている成分はビタミンcです。ビタミンcは体が酸性へ傾く事を防ぎ健康を保つ働きがあります。しかし成分自体が熱や水に弱く壊れやすい事があり、摂取しても効果が出にくいといった事が指摘されていました。ビタミンcの成分をより効果的に摂取しやすいように開発された物がビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体は通常の化粧水と比較すると皮膚への浸透が早く、また皮膚に入るとビタミンcに変化するといった性質を持っています。またより効果を上げる為には単体で使用するのではなく、誘導体の他にも保湿成分が入った化粧品を使用する事が推奨されています。

ビタミンc誘導体は年代を問わず人気があり、その理由としていくつかの事が挙げられています。まず一つ目は種類が豊富な事です。一般的にビタミンc誘導体は水溶性と油溶性の二つに分けられています。水溶性は肌から分泌されている余分な皮脂を抑える働きがあり、平均すると半日は化粧水の効果が持続すると言われています。油溶性は肌の乾燥を防ぐ効果があります。水溶性と比較すると肌への浸透力が高い事が特徴です。また効果の持続性も高く平均して約1日は効果が続くとされています。二つ目は年代に合わせて化粧品が作られている事です。例えば皮脂の分泌が多い肌でも年代によって性質が異なると言われています。日本で販売されているビタミンc誘導体の化粧品は肌の質だけではなく年代の特徴も踏まえて作られているので、人気が高くなっています。